大丈夫、未来は明るい。(大学生向けに面接アドバイスをしてきましたよの巻)

f:id:naoyayoshida:20170226221514j:plain

昨日の話です。

ある大学にて就職活動を迎える学生さん達に対して面接アドバイスをしてきました。
数年前から参加させてもらっている活動になり、今回で4回目の参加です。


自分自身、現在はファッション業界専門でキャリアアドバイスを行っていますが、
前職のリクルート時代には、ほぼ全ての業界の方のキャリアサポートをしてきました。
つまりその分数多くの人生に触れて来たという事です。
※ちゃんと数えた事は無いけど、これまで7000名以上の方のキャリア相談を受けて来ています。


そうした多くのキャリア相談から、また、自分自身の経験から、
学生の皆さんに少しでも参考になる話ができれば...という思いで参加しています。


面接のアドバイスがメインの会ではありますが、
その他に就職活動全般に対する相談もぽろぽろ出てきます。
というか、本質的にはそっちの相談の方が重要だなと考えています。


個々人でそれぞれ多少の違いはあるものの、
だいたいみんなが思い悩んでいる事って一緒です。

「何をやりたいのかわからない(絞れない)」


そりゃあそうだ。笑

だって、まだ何も経験していないんだから。


そして、自分も含め世の中の社会人の多くも
最初からこれがやりたいという明確なイメージをもってキャリアをスタートさせられた人はほとんどいないと思う。
特に日本では。


そこでアドバイスをした事は大きく二つ。

・どの会社に入りたいかではなく、どんな力をつけたいか・どんな人になりたいか で判断する事

・これまでの日本におけるキャリアのロールモデルに縛られず、自分で意思をもって決断をする事


実は、自分の世代もこれから80歳まで働く世の中にあるだろうって言われています。
60歳で引退をするというこれまで長きに渡って作り上げられて来たロールモデルが通じない世の中になっていくんです。
だからこそ、これからは自分自身がどんな力をつけて必要とされ続けて行くかという事を、一人一人が考えてキャリアを築いて行かなければ行けないんです。


逆に、最初の就職活動が上手くいかなかったとしても、ここから先いくらでも取り返す事ができるんです。


ただし、その為に絶対必要な条件が1つ。



自ら意思をもって選択をするという事。



正解かどうかなんてわからなくていいし、というか正解なんて誰もわからない。

それでも自分の頭で考え抜いて、自分の意志で決断をして、自分の意志でその道を進むという事をやり続けられれば、ここから先の未来は必ず明るい。


だから、新卒の就職活動をちゃんと自分の意志を持って選択をする最初の経験にして欲しいなぁ。

そしてその先にある出会いや体験を糧に、そこから先の人生を切り開いて行って欲しいと思います。


みんな、頑張ってね!!




余談ですが...

1週間前から親不知が痛みだし、先週は口を開けれないほどに炎症が広がってしまっていて、ウイダーinゼリーな1週間だったのですが、
ようやく昨日からちょっとずつ食事をとれるようになってきました。

この面接アドバイスには友人も何人か一緒に参加していたので、会の後はみんなで食事会に。
久々のゼリー以外の食事に大興奮。

何とも幸せな1日になったのでした。


今日は疲れた体を癒すべく、家でゆっくり火鍋。
食事のおいしさと、健康のありがたさを噛み締めながら、良い週末だったなぁと思ったりするのでした。



では、明日からまた1週間頑張りましょう!

Naoya