島田うどんと祖母の思い出。

「美味しいうどん送っておいたから」


先日、実家の母から電話が掛かって来た。

この歳になると、実家から食材を送って来てくれるなんて、

とても珍しいのだけれど、

翌日無事に手元に届いた。



箱を開けてみると、そこには大好きな「島田うどん」が大量に入っていた。


純粋に、ここのうどんが大好きという事もあり、

とても嬉しい気持ちが大きかったのだけれど、


その感情以上に、とても懐かしい気持ちに。





私の故郷は福島県いわき市という所。


東日本大震災では、地震津波

そして、原発問題でも大きな不安を抱えている事で、

最近は地名を知ってくれている方も多い。



「島田うどん」は、その福島県いわき市の鈴木製麺というメーカーさんが作っているうどん。


なめらかでコシが強く、まさに自分好みのうどんだ。



そして、このうどんは、


実家に帰省する度に、

6年前に他界した祖母がいつも持たせてくれたうどんだった。



美味しい美味しいと、御礼の電話を毎回していたからか、


毎回毎回持たせてくれていた。



気付けば、祖母が他界してからのこの6年、

すっかり島田うどんの存在を忘れてしまっていた。




そしてそれが、今回母が送ってくれた箱を開けた瞬間にその存在を思い出し、


同時に、


祖母との思い出が、ふっと、溢れ出して来た。



厳しくて優しい人。


強くて寂しがりやな人。


何歳になっても、初孫であった自分をかわいがってくれた人。





贈り物って、モノだけじゃなくて、


想いや思い出も運んでくれるんだなぁ・・


なんて、


少し感傷に浸ってしまった。




さて、お返しに何を贈ろうか。


母への感謝の気持ちを込めて、


明日はギフト選びに出かけよう。



Naoya


f:id:naoyayoshida:20160717215706j:plain










ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com