読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの時、あの選択。

Career

今週は会食続きの1週間。


休日は久々に(ほぼ)予定を入れずに、

のんびりな土曜日を過ごしています。


先ほどストレッチとマッサージを受け、

メンテナンスも完了。


というわけで、更新が遅れてしまっていたBlogを。



今週、ほぼ面識が無い同士で集ってみました。


1人は、高校時代からの腐れ縁で、

今でも2週に1度は飲んでるんじゃないかな? という友人S。

穏やかで、面白い感性を持っていて、誰とでもすぐに仲良くなってしまう。

何の警戒心もなく、腹を割って話せる貴重な存在。

暑苦しくて、彼に対して「親友」という言葉はあまり使ったことはないけれど、

所謂、世の中一般的に言う親友というやつ。





そして、自分がリクルート時代に同じ部署で働いていた後輩E。

1つ年下の彼女は、頭が良くて冷静で、それでいながら突っ込みどころも多い天然キャラ。

「ロジカルドジ」と命名している。


一見クールなので、誤解を受けやすいかもしれないが、

実はとても情熱的で、不器用なやつ。


何の縁か、そんな2人(SとE)が今一緒の会社で働いている。



そんな偶然に縁を感じて、「一緒に飲もうよ」と誘った会が、

今週の月曜日。


そこに、うちの期待の新人Mariも連れて、4人で会食を。



近況報告やら、


好きな食べ物の話やら、


自分たちがMariと同じ年齢だった頃の話やら。



そんな中、印象的だったのは、

それぞれが最初の転職の時、「何を目的にしていたか」という話。





「もっと自分を追い込みたかった」


自分も含めて全員が、同じ理由で最初の転職を決断していた。




こう書いてしまうと、ちょっと格好良い表現として伝わってしまうかもしれないけれど、


「そのままでいることへの不安」から、


理屈抜きでもっとがむしゃらになれる場を探していたんだと思う。



「働きやすさ」や「雰囲気が合う」といった事はどうでも良く、


とにかく「成長」を渇望していたのだろう。




いざ振り返ってみると、

勝手に成長させてくれる会社なんてものは存在せず、

この会社に入れば「成長できる」なんてのは甘えでしかないのだが、

その時の思いを言語化するのであれば、「成長機会の多い環境」を望んでいたという事。




その機会をモノにできるかどうかは、

個人の意識と頑張り次第。



ただ、成長機会の多少は、

会社によって全く違うという事は事実。



以前のBlogでも書いたように、

これからは自分のキャリアに安定を求める時代。



規模の大きさよりも、

成長機会の多さ。



今回集まった4人も、それぞれ思い描く理想

の姿がある。




数年後、また再び集まった時に、

それぞれのストーリーに触れる事が、

既に今から楽しみだったりする。



それではみなさん、良い週末を!


Naoya


ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com