「ご無沙汰してます」

私の祖母は10人兄弟です。
まさに高度経済成長を象徴するような大家族。


なので親戚の集まりなどに顔を出しても、誰が誰なのか全くわからない。
そして、当然の事ながら一度挨拶を交わした程度では、
全くもって記憶に残らない(よほどキャラが濃い人は除く)わけです。


その為、都度都度挨拶のシーンでは
「初めまして」
なのか
「ご無沙汰してます」
なのか、
言葉選びに多少の緊張感が走るのです。


特に、全然覚えがない人に「おっきくなったねぇ」と言われた時のリアクションは、
毎度苦心するわけです。

ただ、そんなやり取りの一つ一つに故郷を感じたりもして、
少しは大人になったのかな・・と思う今日この頃。


今回のGWは私の故郷、福島県に帰省しています。


年に数回しか帰れず、皆の休みもなかなか合わないので、
家族全員でどこかに出かける機会はとても少ないのですが、
今回はタイミングが合った為、久々に出かける事に。

その道すがら、親戚が営む蕎麦屋にて昼食タイム。
例のように、その親戚は私は顔も覚えていないが過去に面識はあるらしい人物。
「ご無沙汰してます」を心の中で練習し、いざ蕎麦屋へ。


古民家を改装した佇まいで、なかなか雰囲気の良いお店に
若干の緊張感をもって足を踏み入れると、なんとその親戚は不在との事。
妙な緊張感から解放された私は、蕎麦に集中できる事に。


実は、最近蕎麦にハマっていて、色んな蕎麦を食べ回っているのですが、
ここの蕎麦が、当たった。

f:id:naoyayoshida:20160504153539j:plain

f:id:naoyayoshida:20160504153549j:plain

f:id:naoyayoshida:20160504153556j:plain


蕎麦のコシ、風味ともに好みにぴったりの味。

顔は覚えてないけど、

親戚のおじさん、ご無沙汰してます。
そしてここんちのお蕎麦、はじめまして。
おじさん、最高だよ!旨いよ、この蕎麦!!

今度改めてご挨拶に伺いますね。


故郷って、やっぱりいいな。

Naoya


今回お邪魔したお蕎麦屋さんはこちらです
「ならは亭」
retty.me



ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com