夏の終わりと野球部。

「将来は磐城高校に入学して甲子園に行くんだ!」



その当時、福島で甲子園最多出場(春2回夏7回)を誇り、

地元の野球少年にとって絶対的な憧れの存在であった、

福島県立磐城高等学校。

甲子園準優勝という輝かしい実績を持つ。



田舎の野球少年であった私にとっても、

野球を始めた頃からずっと憧れの高校だった。



そして、念願叶って入学・入部できた磐城高校野球部では、

私と同じく小さな頃から磐城高校に憧れ続けた野球少年たちと共に、

それはそれはとても厳しい上下関係や

それはそれはとてもハードな毎日の練習を経験してきた。



出会ったのはもう20年も前の話である。



そんな野球少年たちは、そのまま野球おじさんとなって、

毎年1度はお酒を酌み交わす、かけがえの無い友人となっている。




そして、つい先日も久々に野球部の同期で集まりがあった。



野球少年の時も、野球おじさんになっても、

結局話題の中心は当時の野球の話。


「あのとき実はこう思っていた」

「あの打席は完璧だった」

「9番バッターにエンドランでホームラン打たれて干された」

「あのチームは強かった」



など、よくもまぁ20年も前の話をそこまで細かく覚えているよなぁ なんて、

自分自身にも感心しつつ、

時を経ても変わらないこの関係性がとても嬉しく感じる。



そしてようやく終盤になって、

お互いの仕事の話。



学校の先生からヘッドハンターまで、

それぞれバラバラの職業についているから、

これがまた面白い。



ただ、どんな仕事に就いていても、

それぞれみんなが情熱的に、信念をもって仕事をしている事が伝わって来る。


野球の時と一緒だなぁ、なんて。



個性的で、若干まとまりには欠けるチームではあったけど、

お互いに刺激し合って今があるのだと、

改めて感じさせられる。



残念ながら、自分たちの代では甲子園に行く事はでなかったけれど、

強い目標や目的をもって行動した3年間は、

今の自分の仕事観にも、強く影響していると思う。




卒業の日、

卒業生に向けて、監督さん、部長先生、顧問の先生たちから、

メッセージ入りのボールがプレゼントされた。




そこに書かれた監督さんからのメッセージ。




「人生の甲子園へ」




いまだに取ってあるこのボールを見るたびに、

すっと背筋が伸びる想いがする。




久々にみんなと会った帰り道、

ふと、自分にとっての「人生の甲子園」を考えてみる。




熱く話した夜だから、


きっとこんな事を考えたのは、


自分だけじゃないはずだ。




今年も甲子園が終わり、

夏の終わりではあるけれど、


人生の甲子園に向けて、終わりのない挑戦をし続けたい。



Naoya


ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

島田うどんと祖母の思い出。

「美味しいうどん送っておいたから」


先日、実家の母から電話が掛かって来た。

この歳になると、実家から食材を送って来てくれるなんて、

とても珍しいのだけれど、

翌日無事に手元に届いた。



箱を開けてみると、そこには大好きな「島田うどん」が大量に入っていた。


純粋に、ここのうどんが大好きという事もあり、

とても嬉しい気持ちが大きかったのだけれど、


その感情以上に、とても懐かしい気持ちに。





私の故郷は福島県いわき市という所。


東日本大震災では、地震津波

そして、原発問題でも大きな不安を抱えている事で、

最近は地名を知ってくれている方も多い。



「島田うどん」は、その福島県いわき市の鈴木製麺というメーカーさんが作っているうどん。


なめらかでコシが強く、まさに自分好みのうどんだ。



そして、このうどんは、


実家に帰省する度に、

6年前に他界した祖母がいつも持たせてくれたうどんだった。



美味しい美味しいと、御礼の電話を毎回していたからか、


毎回毎回持たせてくれていた。



気付けば、祖母が他界してからのこの6年、

すっかり島田うどんの存在を忘れてしまっていた。




そしてそれが、今回母が送ってくれた箱を開けた瞬間にその存在を思い出し、


同時に、


祖母との思い出が、ふっと、溢れ出して来た。



厳しくて優しい人。


強くて寂しがりやな人。


何歳になっても、初孫であった自分をかわいがってくれた人。





贈り物って、モノだけじゃなくて、


想いや思い出も運んでくれるんだなぁ・・


なんて、


少し感傷に浸ってしまった。




さて、お返しに何を贈ろうか。


母への感謝の気持ちを込めて、


明日はギフト選びに出かけよう。



Naoya


f:id:naoyayoshida:20160717215706j:plain










ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

緊張の1次審査。

本日、無事、ようやく、


休肝日を迎える事ができました吉田です。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?



私、Blogの更新が途絶えていた日数分だけ、

連日お酒が続いておりました。。




では、新たな投稿を。






先日、文化学園で開催された、

TOKYO新人デザイナー大賞のデザイン画審査(1次審査)にお誘いいただき、

その緊張感のある1次審査にお邪魔してきました。



6000点以上のデザインの中から、

15点が選び抜かれ、今年のFashion Weekでショー&最終審査に進むとのこと。



それぞれの作品に、必ず自分自身でテーマを設定するそうなのですが、

これがまた、色んな視点があって面白い。



1次審査の会場はファッションを学ぶ学生達がお手伝いとして参加し、

中には実際に作品を提出している学生さんも。


そして、その作品を目の前でジャッジされるわけですから、

そりゃあ緊張しますよね。


そんな様子を見ていたら、こちらもそのドキドキ感が伝わって来て、

何の力にもなれないけれど、心の中で声援を送ってました。



果たしてどんな作品が選出されたのか。


早くも今年のショーが楽しみです!



ファッション業界の未来を作る若い情熱に触れられた気がして、


とても良い刺激になりました。


大人も、負けずと頑張らないと ですね。




また、個人的にも著名なデザイナーの先生方ともお会いする事ができ、

とても濃い時間になりました。



ご案内いただいた文化学園の増田様、

貴重な体験をありがとうございました!!


Naoya


ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

1日先生、務めてきました。

今週月曜の話です。



人生初の大阪で、


人生初の先生を務めてきました。




弊社の大阪オフィスの長、五十野氏のつながりから、


大阪のモード学園にて、講師として授業をすることが決まったのが2週間前。



そこから授業当日を迎えるまで、


「学生向けに授業をする」のイメージが湧かないまま、


不思議な緊張感だけが日に日に増し増しで。




でも、「キャリア教育」はずっと興味関心が高かったテーマでもあり、


将来的に形にしたいな・・と思っていた事でもあるので、


貴重な機会をいただけたことへの喜びの方が大きくて。



色んな想いを巡らせながら、準備を進めて行きました。



そしたらあっという間に、着いちゃいましたよ。


大阪モード学園

f:id:naoyayoshida:20160622182006j:plain




前半は五十野氏から「ファッション業界の販売職や業界裏話」の話を、


後半は自分から「ファッション業界におけるキャリアデザインについて」の話をさせていただきました。




伝えたかったことが、どれだけ伝えられたか はちょっと自信ないですが、


少しでもこれからの人生を考えるきっかけの一つになれば嬉しいな。




洋服の趣味が変わる(10年前のセンスで選んだ服は今は着れない)のと同じで、


生き方や働き方も、自分が磨かれていけばいくほど価値観が変わるもの。




日本では、精神論が仕事観の根っこにある場合がまだまだ多く、



その価値観の変化を「逃げ」と捉えてしまう風潮が残っていると、多々感じます。


が、


磨かれた先にある、新たな自分をスッと受け入れて、


自分らしく、キャリアを創っていって欲しい。


その為に今の価値観を大切にして、チャレンジと決断のできる人になっていて欲しい。




そんな想いを込めて、精一杯講義してきました。





そして、その日の夜は、


人生初の大阪という事で、大阪オフィスの皆さんに、


「串カツ」連れて行ってもらいました!


f:id:naoyayoshida:20160622184836j:plain


f:id:naoyayoshida:20160622184841j:plain
※弊社のイケメンコンサルタントH氏。



美味いし、楽しいし!!!!



最後は後ろ髪を引かれる思いで、最終の新幹線へ。





貴重な機会をいただいた大阪モード学園の皆さま、


大阪をアテンドしてくれた大阪オフィスの皆さま、


串カツだるまの 串揚げ様、


本当にありがとうございました。



絶対また来ます、大阪!!


Naoya



ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

あの時、あの選択。

今週は会食続きの1週間。


休日は久々に(ほぼ)予定を入れずに、

のんびりな土曜日を過ごしています。


先ほどストレッチとマッサージを受け、

メンテナンスも完了。


というわけで、更新が遅れてしまっていたBlogを。



今週、ほぼ面識が無い同士で集ってみました。


1人は、高校時代からの腐れ縁で、

今でも2週に1度は飲んでるんじゃないかな? という友人S。

穏やかで、面白い感性を持っていて、誰とでもすぐに仲良くなってしまう。

何の警戒心もなく、腹を割って話せる貴重な存在。

暑苦しくて、彼に対して「親友」という言葉はあまり使ったことはないけれど、

所謂、世の中一般的に言う親友というやつ。





そして、自分がリクルート時代に同じ部署で働いていた後輩E。

1つ年下の彼女は、頭が良くて冷静で、それでいながら突っ込みどころも多い天然キャラ。

「ロジカルドジ」と命名している。


一見クールなので、誤解を受けやすいかもしれないが、

実はとても情熱的で、不器用なやつ。


何の縁か、そんな2人(SとE)が今一緒の会社で働いている。



そんな偶然に縁を感じて、「一緒に飲もうよ」と誘った会が、

今週の月曜日。


そこに、うちの期待の新人Mariも連れて、4人で会食を。



近況報告やら、


好きな食べ物の話やら、


自分たちがMariと同じ年齢だった頃の話やら。



そんな中、印象的だったのは、

それぞれが最初の転職の時、「何を目的にしていたか」という話。





「もっと自分を追い込みたかった」


自分も含めて全員が、同じ理由で最初の転職を決断していた。




こう書いてしまうと、ちょっと格好良い表現として伝わってしまうかもしれないけれど、


「そのままでいることへの不安」から、


理屈抜きでもっとがむしゃらになれる場を探していたんだと思う。



「働きやすさ」や「雰囲気が合う」といった事はどうでも良く、


とにかく「成長」を渇望していたのだろう。




いざ振り返ってみると、

勝手に成長させてくれる会社なんてものは存在せず、

この会社に入れば「成長できる」なんてのは甘えでしかないのだが、

その時の思いを言語化するのであれば、「成長機会の多い環境」を望んでいたという事。




その機会をモノにできるかどうかは、

個人の意識と頑張り次第。



ただ、成長機会の多少は、

会社によって全く違うという事は事実。



以前のBlogでも書いたように、

これからは自分のキャリアに安定を求める時代。



規模の大きさよりも、

成長機会の多さ。



今回集まった4人も、それぞれ思い描く理想

の姿がある。




数年後、また再び集まった時に、

それぞれのストーリーに触れる事が、

既に今から楽しみだったりする。



それではみなさん、良い週末を!


Naoya


ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

5年ぶりの再会と新たな道への出発。

「将来は音楽に関わる事業を立ち上げたいんです!」



5年前に偶発的に一緒に飲むことになった彼女は、

まだ入社したてのフレッシュな雰囲気を身に纏いながら、

力強く、でも、どこか少し恥ずかしそうに話してくれた。



飲みの終盤に少し話しただけだったが、

とても印象的だった。



以来、お互いほとんど接点がないまま5年が過ぎた。




そんな彼女が、リクルートを卒業し、

新たに自分で事業を立ち上げることになったという知らせを

Facebookで知ったのが先月。


そして、その事業というのが、まさに5年前に話してくれていた

音楽に関わる事業だという。



何故かとても嬉しい気持ちと、

応援したい気持ちが溢れ(人の応援の前にお前も自分のこと頑張れよ、という突っ込みは置いておいて)、

お祝いのメールを送ったことをきっかけに、

本日5年ぶりの再会。



大阪に住む彼女は、今週いっぱい東京に来ているらしく、

表参道らしい、「お洒落なランチを」ということで、

青山の名店「ナプレ」へ。



元々の夢であったとは言え、

リクルートでも活躍していた彼女にとって今回の新たなチャレンジへの決断は、

きっと大きな勇気が必要だったと思う。



以前に比べて、「自分で事業を始めること」は、

とても身近になって来ていると思うし、

そういう方と知り合う機会も、非常に多くなった。



ただ、それらの人に共通していることは、

とても悩んで悩んで、不安もめちゃめちゃあって、

それでも自分のありたい姿を想って、

勇気を持って決断をしている ということ。



悩みも不安もなく事業を始めたという人は、

未だに会ったことがない。



つまり、チャレンジできずに色々と悩んでいる多くの人と比べて、

「勇気を持って決断した」ということ以外、

何も違いがないのだ。



これは、起業に限った話ではなく、

転職における決断も、

今の職場内における決断も、

同じことが言える。



月並みな表現だけれど・・・

勇気を持って行動に起こした人だけが、

前に進むことができ、

新たな景色を見ることができるんだろうな、やっぱり。




応援のつもりのランチだったけれど、

逆に良い刺激をいただける、とても貴重な時間になりました。



彼女の新たなストーリーが、

彼女らしく、

明るく前向きなものになりますように!


Naoya


f:id:naoyayoshida:20160608224816j:plain


ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com

Aesopが表現する「昭和」

昨夜は、公私ともにお世話になっているAesop東京店(中目黒)の

RESEPTION PARTYにお誘いいただき、お邪魔してきました。



こちらの店舗は、緒方慎一郎氏が率いるSIMPLICITYの手によってデザインされています。



初めて知りましたが、

中目黒って、昔は海の底にあったんですね。

びっくり。


そこから昭和初期には、商工業地帯から住宅街へと変わり、

今の中目黒につながるそうです。



Aesopは全てのお店一つ一つに、それぞれのテーマと地域へのリスペクトが込められたお店づくりをしていますが、

ここ中目黒のお店は、昭和の邸宅を意識し、

中目黒の歴史を感じさせるお店づくりとなっています。


f:id:naoyayoshida:20160527231358j:plain
従来の店舗と比べて、かなり広くてゆったりとしたスペース。


f:id:naoyayoshida:20160527231413j:plain



f:id:naoyayoshida:20160527231418j:plain



f:id:naoyayoshida:20160527231422j:plain



f:id:naoyayoshida:20160527231430j:plain
モルタルとタイル、銅の組み合わせで昭和の雰囲気。


f:id:naoyayoshida:20160527231434j:plain



Aesopは、自分が以前在籍していたBARNEYSとの関わりも深く、

当時自分をBARNEYSに採用してくれた方が、

現在はAesopでご活躍されていて、お仕事でご一緒させていただいたりと、

勝手にご縁を感じまくっているブランドなんです。


もちろん、製品も愛用してます!笑



今回のPARTYでもBARNEYS時代の大先輩方にも久々にお会いすることができ、

とても楽しい時間を過ごすことができました。




久々に、「かっこいいお店だなぁ」と心から感動できるお店を見た気がします。




お店の作りに込められた思い。


そうした思いを大切にフロアに立つコンサルタント



伝えきれない魅力が、そこには、あります。




秋にはフェイシャルトリートメントも始まるそうで、

より一層、大人な時間を過ごせるお店になるようです。



これは通うな、間違いなく。




Aesopさん、新店舗オープンおめでとうございます!

素敵な時間をありがとうございました。


Naoya





https://www.instagram.com/p/BF3nOpatOIL/
本日はAesopのReseption Partyへ。Aesopはお店ごとにその地域ならではのテーマとストーリーが設定されているが、中目黒の新店舗は古き良き日本の日常を感じさせる、こだわりの店作り。圧巻の、かっこいいお店でした!新店おめでとうございます!#Aesop #中目黒 #reseptionparty #レセプション



ファッション業界の転職のご相談はこちらまで
yoshida@aballoon.co.jp


www.instagram.com